えびす岩

えびす岩(江田島市江田島町鷲部3-6-17)

鷲部灘の海岸近くに巨岩の自然石に梵字が刻まれた磨崖仏があります。
江田島において梵字が刻まれた磨崖仏は大変珍しく、刻まれた年代は江戸時代以前だと思われます。種子とは、密教などで如来、菩薩、天などを表す特定の梵字です。諸尊それぞれの真言(呪)の中の一梵字を取って緒尊の記号として用いります。その種子によって何仏か、または造立者の信仰を知ることができます。阿弥陀の種子キリークは、他に五大明王中、大威徳明王、千手観音、如意輪観音の種子ともします。しかしながら、当時(室町時代)の信仰では、阿弥陀信仰が最も多く、阿弥陀の種子とみるべきでしょう。
中世の江田島の信仰を知る上で貴重な資料と言えます。

<行き方>
大柿町飛渡瀬と江田島町鷲部を結ぶ、国道487号線沿いにあります。
「焼き肉 旺盛」が目印です。駐車場内にあります。