大須山防空砲台

大須山防空砲台(江田島市江田島町大須山)

開戦前から建設が始まり、完成した大須山防空砲台は12.7cm連装高角砲砲座を3個を有しましたが、実際に高角砲が配備されたのは2基。砲座1個は未配備のまま、広島湾北部の防空任務に就きました。
呉空襲の際には、南から侵入する米軍機に対し対空射撃を行いました。
現在、江田島市の林道事業の一環で、大須山林道設置に合わせ整備、公園化されています。

<行き方>
JA大須選果場脇と、切串-石風呂線の頂部に林道入口がありますので、ここから登ると大須山頂部に広場があります。この広場の東側が砲台、西側に水場や貯水槽があります。
(江田島市江田島町大須山)