瀬越憲作銅像

瀬越憲作銅像

明治22年(1889年)5月22日、高田村で瀬越住太郎の次男として生まれ、その年憲法発布の年であった事から「憲作」と命名されました。5歳の時、祖父理兵衛から碁を教えられました。父の親友の勧めで専門棋士を目指し、第14代本因坊秀和の内弟子になりました。以後めきめき上達し、昭和30年(1955年)名誉九段、のちの紫綬褒章、第2等瑞宝章などを受賞し、昭和47年7月83歳で逝去しました。

<行き方>
高田港向かいのJA高田支店の前です。